FC2ブログ
おかあさんとあたし。
たまたま本屋さん(ヴィレッジヴァンガード)で見つけた本

おかあさんとあたし。」 / k.m.p


book-okasanntoatasi.jpg文庫版

book-okasanntoatasi-l.jpg単行本版


パラパラとめくっていくと、子供のときの気持ちが

みるみるよみがえって、溢れてきました。


お母さんのぬくもり

絶対的な安心感

認めてもらいたいという思い

甘えたかったけれど甘えられなかった切ない気持ち・・・

などを思い出しました。


子供にとっての「おかあさん」の存在は

心の拠り所や安心感も超えた存在、

この本の表紙にもあるように

世界のすべて、なんですね。


どこにでもあるような日常を切り取ったシンプルなイラストの中に

きっと、読む人それぞれに、さまざまな気持ち、感情を

思い起こさせる本だろうな、と思いました。

(私は文庫本を買いましたが、文字がけっこう小さめです)





[2009/11/01 12:06 ] | お気に入り | コメント(0) | トラックバック(0)
<<ガン治癒への道標~「ガン呪縛を解く…千島学説パワー」 | ホーム | 神の食べ物?>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://homoeopathy787.blog44.fc2.com/tb.php/219-b598d139
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |