FC2ブログ
見えない遺伝子組み換え食品
だれもが安全で安心して食べられる食品を食べたいと思っていますね。

市販されている納豆や豆腐には「遺伝子組み換えでない」と表示されています。

そして「遺伝子組み換え」と表示されている食品は見たことがありません。

私も一時はあんなに騒いでたけど「 な~~んだ 大丈夫じゃない」と思っていました。

ところが 事実は違っていたのです。

とは言っても市販の味噌やしょう油などをみても「遺伝子組み換え」の食品は

見当たりませんがなぜでしょう?

実はこれは表示のからくりがあるのです。

日本では使用量の上位3位まで、かつ食品にしめる重量が5%以上のものだけを

表示すればいいのです。4番目だと表示しなくて良いのです。

また、組み換え原料を使ってはいるが「組み換えDNA」、あるいは

「組み換えたんぱく質」が検出され難いものを表示の対象外にしたのです。

これらは大豆、とうもろこし、じゃがいも、なたね、てんさいなどです。

こうした組み換え食品からつくられるのは

しょう油、大豆油、コーンフレーク、水あめ、コーン油 砂糖、なたね油、結実油などです。

またブドウ糖をはじめ糖と名のつくものはほとんど「遺伝子組み換え」トウモロコシから

作られています。

さらにこれらの加工品は多くの加工食品の原料になりますので、

気づかないうちに口にしている組み替え食品はとても多いのです。

知れば知るほど怖くなる 食の現実ですね。

あまり 気にするのも良くないですが 

    なるべく素性の正しい食品を選びたいなと思っています。














[2009/02/20 12:24 ] | その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<風水流 物の捨て方と収納 | ホーム | 植物油の製法について>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://homoeopathy787.blog44.fc2.com/tb.php/104-0668c8c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |